top of page

NEWS

2024.07.01

Oisix Ra Daichi's CVC "Future Food Fund" invests in ARK, a company developing a system for land-based aquaculture anywhere and selling seafood products

〜⾷糧危機の回避を⽬指し、閉鎖循環式陸上養殖システムの事業展開に期待〜


⾷品のサブスクリプションサービスを提供するオイシックス・ラ・⼤地株式会社の投資⼦会社Future Food Fund株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:松本浩平、以下Future Food Fund)が運営するフードイノベーション領域に特化したCVCファンド「Future Food Fund 2号」(※1)は、閉鎖循環式陸上養殖システム「ARK」等の開発・販売を⾏う株式会社ARK(本社:東京都渋⾕区、⽇本代表:⽵之下 航洋 、以下ARK)へ、2024年5⽉末に新規投資を実⾏しました。


本件は、現在設⽴中のファンド「Future Food Fund 2号」における第11号投資案件であり、今後も⾷の領域でチャレンジするスタートアップ企業に、更なる投資を⾏ってまいります。(※1:Future Food Fund 2号投資事業有限責任組合)


左:▲琉球⼤学に設置・運⽤されているARKの養殖システム ARK-V1(右から2機)とREF-V1(左から1機), 右:▲ARKが養殖を可能としたヤイトハタ(ミーバイ)


■⾷糧危機につながる⽔産物の社会課題について

世界の⼈⼝の増加にともない、世界の⽔産物⽣産量は増加(※2)しており、その多くは養殖がささえている現状があります。⽇本国内では、漁業・養殖業の⽣産量は、昭和59(1984)年をピークに、その後減少傾向が続いています。その背景には海洋環境の変化や⽔産資源の減少、漁業就業者や漁船の減少等に伴う⽣産体制の脆弱化の課題があると考えられています(※3)。また、今後は2050年までに⾷⽤

タンパク質の需要が供給量を上回る「タンパク質危機」が起きることや、2020年代に⼊り、環境問題、感染症の拡⼤を背景とした、グローバルサプライチェーンの混乱により、⾷料安全保障への関⼼が⾼まっています。


(※2:令和5年度 ⽔産⽩書 第4章 ⽔産業をめぐる国際情勢

https://www.jfa.maff.go.jp/j/kikaku/wpaper/R5/attach/pdf/240611-8.pdf」)

(※3:参照元「令和5年度 ⽔産⽩書 第1部 令和5年度 ⽔産の動向第2章 我が国の⽔産業をめぐる動き」)


【漁業・養殖業の⽣産量の推移】

※令和5年度 ⽔産⽩書 第1部 令和5年度 ⽔産の動向 第2章 我が国の⽔産業をめぐる動き

https://www.jfa.maff.go.jp/j/kikaku/wpaper/R5/attach/pdf/240611-6.pdf


■ARKの事業紹介と投資背景について

ARKは、これらの社会課題を持続可能な⼿法で解決するために、「養殖の⺠主化」をミッションとして「どこでも誰でも⽔産養殖ができる仕組み」を提供するため⼩型・分散型のCRAS(Closed RecirculatingAquaculture System)と呼ばれる閉鎖循環式陸上養殖システム※4の開発・販売をおこなっています。


これにより既存の⼤規模養殖システムとは異なり、⼩規模な投資と運⽤で分散型の⽔産養殖を始めることができます。再⽣可能エネルギーを活⽤することで、⼤幅にエネルギーコストの削減と環境負荷を削減することができることも⼀つの特徴となっております。ARKの養殖システムはヤイトハタ(ミーバイ)やクエ、ヒラメといった⾼付加価値型の⿂種を対象としており、並⾏して海藻の養殖、海藻を利⽤したウニの養殖も⾏えるため、陸上養殖事業の採算性の向上にも期待が持てます。これらのARKの技術により、⽇本の伝統的で美味しい⿂を⾷べる⽂化の継承につな

がり、また⽇本の⽔産業の持続的な発展への貢献が期待できることなどが本投資の背景となっております。今後懸念される震災時においても、本技術による早期の⽔産業の復興が期待されます。三陸、能登の震災と漁業の関係は⼤きく、震災後の産業復興には、漁業の再開と周辺産業の維持が重要なポイントになります。⼀旦漁業が⽌まると再開までに時間がかかりますが、ARKの技術、養殖システムを早期に導⼊することで、漁業や周辺産業の回復のスピードをあげることにも期待できることも投資背景の⼀つとなっております。

Future Food Fundとしては、ARKの技術で養殖された⽔産物の流通⾯でのサポートや、養殖システムの導⼊検討企業の紹介など積極的にサポートしてまいります。

※4: 陸上の閉鎖空間で⽔を循環させる養殖システム


 

■株式会社ARK

本社:東京都渋⾕区

代表者:⽇本代表: ⽵之下 航洋

会社HP:https://www.ark.inc/

ARKは「養殖の⺠主化」をミッションとして「どこでも誰でも⽔産養殖ができる仕組み」を提供するため⼩型・分散型の閉鎖循環式陸上養殖システム「ARK」等の開発・販売をおこなっています。既存の⼤規模養殖システムとは異なり、⼩規模な投資と運⽤で分散型の⽔産養殖を始めることができます。


■株式会社ARK ⽇本代表: ⽵之下 航洋⽒ コメント

ARKは「LET THE OCEAN REST, CREATE YOUR OWN(海を休ませるために、陸上に⼩さな海を作る)」というコンセプトの元、どこでも・誰でも⽔産物⽣産の担い⼿になれる仕組みとして、⼩型・分散型の閉鎖循環式陸上養殖システム「ARK-V1」、「REF-V1」および「STARBOARD BY ARK」といった製品群を開発・製造・販売している研究開発型スタートアップです。


この度、Future Food Fundに投資家としてARKに参画していただけることを⼼より歓迎いたします。オイシックス・ラ・⼤地株式会社および関連企業は⽇本における新しい⾷事業のフロンティアを⾛る企業群であり、我々が取り組む陸上養殖という新産業を社会実装していくうえで重要なシナジーを⽣むと確信しており、今後の取り組みを楽しみにしています。


■Future Food Fund ファンドマネージャー 村⽥ コメント

3⼈の創業メンバーは、好きな⿂が、それぞれ「アジ」「キンチャクダイ」「イワナ」とバラバラで、趣味も「⾷べる」「飼う」「釣る」と統⼀感のないメンバーですが、⿂が好きなことは同じなのと、それぞれの得意領域が別で補完しあっているいいチームだと思います。この投資は、Future Food Fundは⽔産テックは初であること。本年6⽉6⽇に、世界海洋デーにむけて、ARKさんも含めた投資先の事業紹介イベントを⾏いましたが、4件のTVニュースに取り上げられました。⽔産

業の未来についての問題意識が⼤きくなって来たことが要因だと思います。また、近年⽔産テックのスタートアップも増えて来ております。ARKさんとは、⽔産資源の問題だけではなく、餌の代替、海外へ刺⾝⽂化を広げる事など⼀緒に取り組んでもらいたいと思う事も多く、今後の⽔産問題を⼀緒に解きつつ、事業も成⻑出来ればと思ってます。


 

Future Food Fund株式会社について

Future Food Fund株式会社は、2019年8⽉に⽇本の⾷のスタートアップエコシステムを作る為に、フードイノベーション領域に特化した国内外のスタートアップ企業への出資を⽬的としたCVCファンドを運営する投資⼦会社として、オイシックス・ラ・⼤地株式会社により設⽴されました。パートナー企業とともに、国内外の先進的な⾷・農・ヘルスケア領域への積極的な投資と、販売や商品開発などの⽀援

も可能としており、⽇本国内で、スタートアップ企業を⽀援するエコシステムの構築を⽬指しています。

(「Future Food Fund」サイトURL:https://futurefoodfund.co.jp/)


オイシックス・ラ・⼤地株式会社について

オイシックス・ラ・⼤地株式会社(代表:⾼島宏平)は、有機・特別栽培野菜、添加物を極⼒使わない加⼯⾷品など安⼼・安全に配慮した⾷品の宅配サービスを「Oisix」「らでぃっしゅぼーや」「⼤地を守る会」の 3ブランドで展開しています。当社は「これからの⾷卓、これからの畑」を理念に掲げ、⾷に関する社会課題をビジネスの⼿法で解決する事業を推進しています。


オイシックス・ラ・⼤地株式会社のプレスリリース⼀覧

https://prtimes.jp/main/html/searchrlp/company_id/8895

Future Food Fund株式会社 担当:横溝

TEL: 050-5305-0549(直通) E-mail:publicity@oisixradaichi.co.jp

(上記内容は断りなく変更される場合があります/最新情報は上記お問合せ先までご連絡ください)

bottom of page